日本人のための「グローバル・コミュニケーション力」育成道場

小・中学生から社会人まで、これからのグローバル世界で自分の実力を発揮するための、発想力、論理力、表現力、批判的思考力を身につけるためのヒントとなる情報を提供していきます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 閑話休題 | main | こんな作文。 >>

ネット上で作文添削

「グローバル・コミュニケーション力」を育成するには、論理力を強化する必要があります。論理力とは「自分の言いたいこと(意見)を筋道をつけて、分かりやすく説明できること」や「相手の言っていること(意見)を正確に理解すること」ですね。

そのためには、作文を書くことが一番手っ取り早い方法です。どんな筋道で書いていこうか、そしてどんな感想を書こうかと、一生懸命に考えたものです。
皆さんも学校などで作文を書いたときの記憶はありませんか。

作文を書くときには、まず最初にどのようなテーマで書くか考えたものです。ただし、テーマは先生から与えられることもありましたね。
さて、いよいよ作文を書く場合、最初になにを書きましたか。そう、テーマに沿った出来事の描写ですね。そして次にその出来事についての、あなたの感想を書きましたね。
「とても楽しかった」「おもしろかった」といったごく当たり前の感想を。

私の息子はいま小学校5年生です。彼が4年生の最後に書いた作文もまったく同じです。文集を見ると、クラスの友達もまったく同じ要領で作文を書いています。なにか子どもたちの個性が感じられません。

作文を書くときは確かに頭を使うもの。しかし、いままでの要領で作文を書いていたのでは、考える力や論理力を伸ばしていくことにはなりません。

この続きは明日書きます。



- | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://doujou.jugem.jp/trackback/7
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/14 1:13 PM